2009年09月01日

コーラスライン / 劇団四季(CD)

コーラスライン歌唱力的には悪くないけど。

そろそろ四季版の「コーラスライン」も開演予定なので、この前の復習と予習を兼ねて聴きました。

ブロードウェイ版と比べてかなり劣るだろうと予想していたのですが、意外や意外、結構頑張ってます。悪くない出来だと思います。

ただ、Bunkamuraで見たときにも思ったのですが、曲の作りが古い感じがするのが個人的にどうもしっくりきません。というかハマらない要因。物語につながりがないので、曲の印象が飛び飛びになってしまうのは仕方ないのですが、一曲一曲が小粒過ぎて盛り上がる前に終わっちゃう感じ。Catsも曲は飛び飛びですが、一曲一曲のクオリティが高いので全く問題に感じないんですよね。流石ロイドウェバーということなのでしょうか。

個人的に割と気に入った曲は、最初の「I Hope Get It」と終盤の「The Music And The Mirror」、そしてエンディングの「One」ですね。後は、ちょっと地味な印象です。聴きこむうちにまた変わってくるかもしれませんが。

まぁ、コーラスラインはダンスが見どころなので、繰り返し歌を聴いてストーリーを憶えてから四季の舞台を見たいと思います。というか、Bunkamuraで見る前に予習しとけよ<自分
posted by らぢゅん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127010527
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。