2009年11月07日

太陽光発電を考える(2)

今日は、別の業者さんの説明を伺いました。

初めに売り込みに来た時のパンフレットのシャープのソーラーパネルのことが触れてあったので、てっきりシャープ製のパネルを進めてくるのだと思っていたのですが、三洋製を勧められました(笑)

もう少し大きい屋根だったらシャープ製の方がコストパフォーマンスが良くなるらしいのですが、うちの屋根だと三洋2.52kW、シャープ2.2kW(たしか)位の発電量なので、値段の安さよりは単位面積当たりの発電量の方を重視した方がよいとのこと。パネル1kW当たりの発電量を月100kWhと見た場合で、補助金も含めて月々4400円程度のプラスが見込めるとのこと(15年ローンでの数値です)。

前回の業者さんが同じ三洋でパネル16枚いけるという話と比べると随分枚数が異なるので、その旨を話したところ、おそらく簡易見積もりで余裕なしで敷き詰めたケースで算出したのだろうとのことでした。確かに、見積もりはその場で専用スケールを当てただけなので、それはありそう。

今回もいくつか質問してみました。

QA
ソーラーパネルの寿命とか劣化はどうなの?特にアモルファスは寿命が短いという噂を聞くけど5%位の劣化は聞くが、弊社で15年程売った実績ではそれ以上の(極端な)劣化は聞いてない
パワーコンディショナーは10年で壊れるの?シャープの古いパワーコンディショナーでは10年以内に壊れた経験がある。ただしその場合は無償交換。三洋や京セラでは15年の販売実績の中でそのような経験はない
保障についてシャープは部品不良などについては10年保証だが、それ以外の保証はない。三洋は雹によるガラス破損まで補償の対象としており、範囲が広い

発電量やコスト算出については、こちらの業者さんの方が信頼のおける(=Webなどで得られる情報とずれのない)値となっており、信頼できます。技術面の説明はあまりして頂けなかったので、技術屋の自分としては残念でしたが、まぁ、営業さんなので。

ローンの支払い方法で他の業者さんにはない工夫をして、こちらの負担が下がるようにしてくれたりして、良い業者さんなのですが、逆に前回訪問してくれた業者さんは設置費用がかなり抑えられていたので、総合的に比較すると費用面だけを見る限りでは前回の業者さんのが少し安いという結果です。ただし、前回の業者さんはパネルの枚数や発電量の算出が怪しいという問題もあるので、業者として信用していいかどうかが微妙なところ。

とりあえず、前回の業者さんに12枚で再見積もりしてもらって、明日来てもらうことにしました。その時に発電量の話と枚数の話も訊いてみようと思います。さてさて、どんなはなしになることやら。
posted by らぢゅん at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132291603
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。