2006年09月28日

空中ブランコ / 奥田英朗

空中ブランコつまり子供が一番の薬?

精神科医伊良部先生のはちゃめちゃ診療シリーズ。

伊良部先生、基本的に治療らしいことは何もしません。強いて言えば、毎回のビタミン注射くらい(笑)

患者は皆、子供のような伊良部先生の行動やちょっとした一言から勝手に何かを見つけて立ち直ります。確かに自分の問題は、他人に解決してもらうものではなくって、自分で答えを見つけるものだから、治療としては本質をついているの鴨。

全体的に面白かったけど、今の自分の嗜好としては軽すぎたかな。
posted by らぢゅん at 00:22| Comment(0) | TrackBack(1) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24535456
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「空中ブランコ」奥田 英朗でさくっと笑う。
Excerpt: ←応援御願いします。 奥田 英朗「空中ブランコ」( 直木賞受賞作品) をよみました。 まえに あやしい神経科医の話をしたのだけど その後、ちゃんと見ましたか? ええ?見..
Weblog: にしえみの毎日イラスト日記
Tracked: 2006-09-29 13:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。